第2回 12AX7聴き比べ YJブログ

皆さん いかがお過ごしですか?
朝晩かなり冷え込んできましたね。
先日、長年の夢であったオーディオラックが納品されました。やったー!

パイン集積材30mmで制作してもらいました。思った通り音質が変化、インシュレーター等で調整に励んでいま~す。

今回は12AX7の聴き比べ その2です。 使用機器はEL34シングルアンプ、CD:マランツ SP:16cm同軸

JJ
弦楽器の響き豊かでみずみずしい表現を感じます。奥行 広がりは少し狭く感じました。
楽器の分離 立体感もあり爽快感というか、クリア感があります。低音はゴリゴリではないのですがしっかり下まで伸びる印象です。
ベースの弦が見える感じやボーカルの艶感も美しいです。 ややピアノの高域が刺さる印象でした。


タングソルGold-Pin
高低に少し誇張を感じました。 さ行がやや強めでしょうか? 響きもくっきりと感じますが少し硬い印象です。
その分中域をやや薄めに感じました。低域はさっぱりとして厚みを感じる部分もありました。
高域はシンバルの浮遊感もありジャズライブ、ポップスやロック向けの印象です。

ゴールドライオン
全体的に艶を感じます。 チェロの響きが豊かで箱鳴りがリアルです。解像度は高くないのですが、低音は誇張なく伸びています。
余韻はやや少なめですが、さ行聴きやすくピアノを美しいと感じました。


TEN
高域の解像度がありその場の空気感を感じます。 奥行を感じますが高さの立体感はやや欠ける印象です。
みずみずしく さ行はきつくなく 余韻も感じボーカルがとても素敵です。全域のバランスもとてもよく感じます。
中域の厚みやふくよかさは厚くはないのですが、現行管にキツさを感じている方にはお勧めです。解像度が落ちずキツさがまろやかになる印象でしょうか?

東芝 (通測)
チェロの響きがとてもまろやか ふくよかです。解像度、クリアさにはやや欠けますが癒し系。
余韻が優しく広がります。柔らかさのツマミがあるとすればかなり増やした印象。
これは現行管とは対局にある表現と思います。  全体的に誇張なくバランスもいいです。
現行管と比べ表現が豹変するのでシーンで使い分けするには持つべき球かも。室内楽とかソロギターなどで浸りたい時にお勧め!
ボーカルは艶あり解像度やや減る印象ですが、さ行がきつくなくゆったりと楽しめます。

印象は個人の見解です。